Tea? or Coffee?

お茶にしませんか。

How about some tea?

よく聞くこの言葉。

いろんな文法的解説ができる。

①Howで始まってるから、Yes/No questionじゃない。

ということは、語尾は下げて発音する。

語尾を上げて聞くとYes/Noで答えなくちゃいけない。

②aboutは前置詞。

前置詞っていうと、うしろには名詞しか来ない。

teaは名詞だもんね。

ちなみに、冠詞がついてないのは。

「どのお茶」って特定してないから。

お茶ならいいのだ。

③someを疑問文で使うのは、相手のYesを期待するとき。

いいんだよこれで。

anyだと、「任意の」「すこしは」みたいなニュアンスになるから。

「ぜんぜん飲まないの?」とか「まったく? ちびっとは?」って。

そんなイメージになっちゃう。てか失礼。w

名詞には可算名詞と不可算名詞の2種類があるけど。

someはどっちにつけても大丈夫。

a lot ofもどっちにつけても大丈夫。

数えられるときは、lots ofに変化することもある。

sがあるのは、数えてる証拠なんだな。

で。

tea。

これは、Tといっしょで。

イギリスの人たちがよく口にするのはご存知。

日本でいえばお味噌汁と一緒。

悪魔封じなのだ。

Tっていうのは。

首無しの磔(はりつけ)状態のことを指していて。

tにしてもTにしても。

十字架(♰)と関係があるのだ。

だから、英語にはThが多い。

これは。

磔とScytheくん(大鎌持った悪魔くん)と関係が深い。

キャー。

Thanx a lot。

Tをはっきりと発音するのが英国流。

悪魔封じなのだ。

ウルトラマンT(タロウ)って。

悪魔をTで退治するためにT使った最初のパターンなのだ。

次郎ではなかったのことよ。

※ちなみに、Xも十字架です。